Blog

若きカウンセラーが教える第一印象アップ術!

若きカウンセラーが教える第一印象アップ術!


第一印象の重要性

第一印象とは物事に接して最初に受ける印象のことを言いますが、皆さんは初めて会う異性に第一印象どう思われるのかということを意識して接していますか?異性から第一印象をよく思われるのは恋愛においてとても重要です。

第一印象重要な理由ですが、人は出会ってすぐの印象と第一声でその人がどのような人なのかを9割も決め付けてしまうからです。

これを「初頭効果」といい、これら良くすることができればあなたの第一印象を格段に上げることができます。

そして第一印象からのイメージを変えるには最低に時間の時間がかかると言われています。

第一印象を上げるポイントと方法

第一印象を良くするためには「視覚」「聴覚」「言語」この3つをより良くしていくことが重要となります。

視覚:好印象を与える身だしなみと表情

相手に不快感を与えないよう身なりを整えることは第一印象を良くする上でとても重要です。

身だしなみは相手を尊重する気持ちの表れとも言われるので、きちんと確認をして整えるようにしましょう。

  • 髪型(清潔感があるか。伸びすぎていたり顔にかかったりしていないか。)
  • ひげ(きちんと剃ってある、または整えられているか。)
  • におい(汗などのにおいはしないか。香水は付けすぎていないか。)
  • つめ(きちんと整えられているか。汚れなどはないか。)
  • 姿勢(猫背になっていないか。)
  • 服装(場に合っているか。シワや汚れなどはないか)
  • 化粧(清潔感があるか。場に合った化粧になっているか。)

ノッツェの合コンパーティーやお見合いのシーンでは 個性的なものよりもシンプルなものが好まれ、ジャケットにパンツスタイルが好評です。

そして初対面の相手に好印象を与えるポイントは「自然な笑顔と明るい表情」です。

聴覚:第一印象をアップの声の作り方

第一声を聞いて『元気な人だな』または『なんだか暗い人だな』など声で印象づけられることもありますね。

よく仕事などで、電話だけのやりとりで好印象を抱くこともあるように、「声美人はルックスをもしのぐ」と言われるほど、素敵な声は印象を良くすることができるのです。

相手からよく思われるような明るくハキハキとした声での挨拶を心がけましょう。

言語:話すのが苦手でも初対面で好印象を与える会話

はじめて会った人に対してまず声をかけるのは「はじめまして」が一般的かと思いますが、実はいきなり改まって「はじめまして」と始めてしまうと、自分でも『はじめて会う人なんだ』と意識をして緊張をしてしまうことになります。

まずは「こんにちは。(時間に応じて「おはようございます」「こんばんは」)」と声をかけてワンクッション置いてから、「はじめまして、〇〇です」と続けると、和んだ状態で話をスタートできます。

挨拶の時はもちろんですが、人と話すときは相手の目をみることが大切です。相手の目を見て話すということは「あなたに興味があります」という意思表示です。緊張していると、目を見て話すのが難しいと感じる方も多いかと思いますが、なるべく目を見るように意識しましょう。ただし、見つめすぎると威圧感を与えてしまうので、5~10秒に1回、0.5秒ほど視線を外すようにしましょう。

最後にまとめ

合コンパーティーやお見合いなどでは、身だしなみを整え明るくはっきりとした声と自然な笑顔で相手の目を見て相手から第一印象をよく思われるように心がけましょう!

to top